SSブログ

目撃談!! 木村拓哉が撮影で京都に 宮本武蔵の撮影現場はどこ? [ドラマ・映画]

スポンサーリンク




304ah.jpg

この画像は武士の一分ですね。

そろそろ放映が目前に迫っている、木村拓哉くんの
スペッッッシャルドラマ、「宮本武蔵」ですが、
これはどれくらいの視聴率が取れるんでしょうね。

彼の場合は今までの代表作で驚くくらいの数字を
何度も残してきているので、今回のドラマに限らずとも
期待されているでしょうし、それを本人は
とってもよく理解しているはず。

また、毎回出るそういった数字には、ファンの皆も
結構気にしていますよね。


木村くんの時代劇というと、2006年の武士の一分
そして、2001年の12月に放送された、赤穂浪士の
掘部安兵衛を演じた忠臣蔵1/47を思い出します。

掘部安兵衛役の木村くん、すっごいカッコイイんですよ。
普通のドラマはもちろんだけど、木村くんはまた違った
男っぽさが滲み出てて、好きな作品のひとつなんです。

この作品では、彼の奥さんの役に深津絵里さんが
抜擢されていて、彼女もまたいい味を添えてるんですよ!

彼女からたくわんを渡されて食べる木村くんの
カッコイイこと! 彼の演じるお侍さんは、
なんだかストイックで、昔のカッコイイ日本人は
こんな感じなのかな?だったらいいなぁ、
なんて惚れぼれ。

自分自身はファンだから、というのもあるけど、
木村拓哉が嫌いな人にこそ、この作品は観て欲しい

観ても彼の演技がすべて同じに観えたのなら、
それはしょうがない。でも、そうやって胸を張って
言いたくなるほど、彼の真摯で真っ直ぐな演技は、
印象に残ります。




と、思いっきり話題が逸れてしまいましたが、
今回の記事は宮本武蔵でしたねw

今回のこの作品ですが、原作が吉川英治さんで、
作品ではCG,そしてワイヤアクションなんかを
ふんだんに取り入れている、というファンから、
又は原作の読者からも賛美両論が起きそうな、
そんな予感のする作品になっているそう。

ファンのかたならご存知だと思うんですが、
剣道の経験ありの木村くんは、いつも通り、
もしくはいつも以上に気合の入った演技で、
答えてくれそうです。

ちなみに今回はひさっびさにロン毛の
木村くんが見れて、昔からのファンはMUSTですよ!

ところで、肝心の撮影現場と目撃情報ですが、

京都の太泰映画村、東映の撮影場所、あとは
京都駅、近所の某高級ホテルなどなどだそうです。

偶然観てしまった人たちの、ツイートが読めたそうですが、

彼のオーラの大きさ
撮影が始まった時の、その場の空気が
一転した時の彼の凄さ

とか、結構生々しいツイートだったみたいで、
いいなぁーなんて羨ましく思いました。
観れた人はラッキーですね。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
SSブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。